GSマーク認証とPAH評価の概要



GSマーク認証とPAH評価

GSマーク認証PAH評価が追加されることになりました。 GSマーク認証とは、ドイツの機器安全法で定められている法律に基づいた、玩具や自転車・ヘルメット・家具、家庭用電気・機械製品などの安全認証のことをいいます。

 

PAHとは、多環芳香族炭化水素と呼ばれる有機系化合物群のことです。 PAHの有名なものでは発がん性が証明されているベンゾ(a)ピレンなどがあり、1種類だけはなくて複数の似ている化合物のことをまとめてPAHと呼んでいます。

 

GSマーク認証では、製品認定の際にPAHのリスクアセスメントを行い、PAHについての評価を行わなければならないことになりました。 口に入れたり接触したりする可能性から材料を分類し、PAH評価をすることになります。 ただし、PAH試験が不要と判断された場合には、PAHの分析などを行う必要はありません。

 

GSマーク認証のPAH評価必須の施行は2008年4月1日です。 施行の前に、既にGSマーク認証を取得している場合で、PAH評価を行っていない場合は1年間の猶予がありますが、認証の有効性を継続するのであればPAH評価が必要になります。




更新履歴