GSマーク認証とPAH評価の概要



GSマーク認証の概要

GSマーク認証とは、ドイツの機器安全法(GPSG法)に基づく製品安全の認証ことをいいます。 安全性が認証された製品にのみGSマークをつけることができます。 GSマークの認証機関は、信頼性が要求されるとともに独立性も要求されます。

 

GSマーク認証では、製品安全の検査のみでなく工場の検査も行われ、製造工場の品質管理体制や製造している現場環境、試験・測定機器等の保守状況などを検査されます。

 

 

GSマーク認証の対象製品

GSマーク認証の対象になっている機器類には

  • 家庭用電気・機械製品
  • 玩具
  • 自転車、ヘルメット、家具などの一般用品
  • コピー機、ファックス、シュレッダー、プリンタなどの事務用機器
  • ラボ用機器・測定用機器
  • 産業用機器

などがあります。

 

GSマークの認証を取得した製品は、製品の安全性を満足したものと評価されます。 EU(欧州連合)でよく聞かれるマークにCEマーク(CEマーキング)がありますが、CEマークはニューアプローチ指令のもと、EU域内での技術分野における統一性を図るために貼り付けられている(認証されている)マークになります。

 

CEマークはEUでの統一規格ですが、EEA(欧州経済領域)やトルコ、スイス、また、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインなどのヨーロッパ自由貿易体を含むヨーロッパ経済体でも必要になります。