GSマーク認証とPAH評価の概要



CEマークとSGマーク

GSマーク認証は、製品の安全性を評価し、確認できたときに認証してもらえますが、GSマークと同じようにポピュラーな認証の1つにCEマーク認証(CEマーキング)があります。

 

CEマークの取得には、製品の安全・品質などの規制統一に関する指令であるニュ−アプロ−チ指令の要求事項を満足させる必要があります。
CEマークを貼り付けてある製品では、ニューアプローチ指令の要求事項を満たしていると保証されているということですので、EU(欧州連合)市場域内(リンク参照)で、自由な流通および貿易が可能になります。

 

CEマークの対象指令には、EMC指令,低電圧指令(LVD指令),機械指令,医療機器指令などがあり、各指令にはモジュ−ルと呼ばれる基本的要求事項への適合性評価手順が定められています。 CEマークの対象製品の中には、自己宣言(自己認証)でCEマーキングが可能なものもあります。

 

日本の製品安全認証はGSではなくSG

日本ではGSマーク認証と似ている製品安全のマークにSGマーク制度があります。 GSマークとよく似ています。 SGマーク制度は(財)製品安全協会が製品安全のための認定基準を定めている制度で、試験に合格したものにマークを貼り付けすることができます。 SGマークの取得には、出荷検査および検査記録が必要になります。

 

SGマークがついている代表的なものには自転車やヘルメット、ベビーカー、IHクッキングヒータなどがあります。 罰則制度ではないのですが、SGマークを表示してある製品に欠陥があって人的被害を生じたと認められたときには被害者への損害賠償などの措置があります。